マンション経営を学んで賢く収益UP【失敗しない不動産投資法】

不動産

誰でもできる不動産投資

マンション

現代は部屋単位の経営

金融商品の投資が積極的な世の中になり、不動産投資にも目がつけられるようになっています。アパート投資もその一つです。一昔前であれば、アパート投資といえば小さなアパートを建設し、アパートの管理をすべて行うというのが普通でした。空室のリスクも、修繕などの管理全般、不動産物件の告知などもすべて自分一人で行わなければならないという状況のためサラリーマンなどが副業として経営するのは難しかったのです。しかし、今ではサラリーマンが副業の一環としてアパート投資しているケースも珍しくありません。経営の仲介業者がビジネスを展開し始めたからです。面倒な手続きや管理業務などは仲介業者が面倒をみます。中には空室のリスクを抱えてくれるものもあります。

仲介業者探しが重要

アパート投資は一棟ではなく部屋単位で行えるようになったのも魅力の一つです。一部屋であれば購入コストもサラリーマンでも捻出できます。ビジネスが広がれば部屋数を増やしていくことも可能です。アパート投資を成功させる工夫は部屋探しに尽きます。需要のある部屋であれば空室のリスクはほとんどありません。仲介業者はどのような物件に人気があり、空室のリスクが少ない物件のノウハウを持っています。オーナーが成功するとその分マージンが仲介業者に入るため、また空室のリスクは仲介業者にとっても避けたいため不動産選びに関しては親身になることがほとんどです。中古物件をできる限り安く仕入れ、リフォームなどに力を入れる手法をセミナーで展開しています。